グランツーリスモ6(GT6)のキャリアモード 国際Aクラス 卒業課題
スーパーライセンス試験について攻略

> GT6 攻略簿 マップ付



グランツーリスモ6(GT6)のキャリアモード 国際AクラスでGTワールドチャンピオンシップをクリアすると、
卒業課題 スーパーライセンス試験を受けられるようになります。
このページではその攻略方法について解説いたします。

■ GT6のキャリアモード 国際Aクラス 卒業課題 スーパーライセンス試験

参加条件

国際Aクラス GTワールドチャンピオンシップ クリア

構成

以下5つの試験から構成されています。

褒美

条件 褒美 追加要素
試験クリア 車の褒美 Tesla Motors Tesla Roadster '08
試験を全ゴールドでクリア 車の褒美 Audi R8 LMS ultla ( Audi Sport Team Phoenix ) '12

スーパーライセンス試験:S−1

周数 使用コース 利用車種 目標タイム
ゴールド シルバー ブロンズ
1 アプリコットヒル・レースウェイ 86 GT '12
PP407/200PS/1230kg
1'48.000 1'50.000 1'55.000

攻略のポイント
最初初期設定でゴールド取得したときは、1'47.885でした。
その後、ドライビングオプションを変更したところ、1'46.367でゴールドとれました。
以下にそれぞれの攻略を書いておきます。

●初期設定での攻略
ミスが許されないような難易度です。一気にレベルが上がった気がします。
Tipsにも書かれているように第1コーナー、そのあとの連続カーブがすごく大事です。
第1コーナーでは、奥のインをついて、すこし膨らむくらいのスピードで曲がりましょう。タイヤがキュルキュル鳴ったら曲げすぎです。なるべく滑らかに曲がるように。
次の3つの連続カーブでは、インを滑らかにつなぐようなラインで走りましょう。
次の左に大きなカーブでは、外からインに向って走り、140km/hで曲がれるといいでしょう。ここでもタイヤが鳴り始めると速度が落ちるため、なるべく滑らかに。
次の180°のカーブでは、50mの札の前くらいでブレーキを踏み、カーブ中間手前くらいまで来たらアクセルオンです。次の左右のカーブはインをついてください。
あとは最終カーブまで続けて説明します。
まず左への大きなカーブですが、少しブレーキを踏み、インを走ることです。インの縁石に乗り上げてもコースアウトになりません。その先のシケインでは、インギリギリを走りましょう。ここで大きくタイムが変わります。
最終カーブは、インベタで滑らかに。




●ドライビングオプション変更後
以下のように変更したところ、すごく攻略が楽になります。というのもカーブでハンドルを切りすぎても速度が落ちないようにしたため、カーブでは速度調整するだけでラインを変更でき楽チンだからです。初期設定でゴールド取れない人はぜひお試しを。
以下ドライビングオプションの設定です。
 ・アクティブステアリング 弱い
 ・トラクションコントロール 1
 ・スタビリティ・マネジメント OFF
 ・ABS 1
 ・バッド操舵スピード 0



スーパーライセンス試験:S−2

周数 使用コース 利用車種 目標タイム
ゴールド シルバー ブロンズ
1 ウィロースプリングス ビッグウィロー TZ3 ストラダーレ '11
PP565/608PS/---kg
1'27.800 1'29.500 1'33.000

攻略のポイント
1'27.407でゴールドとれました。

2回目で取れてしまったので、ここに書けるほどポイントがないのですが、一応気づいたことを。
最初のカーブでは、少しブレーキを踏んでインを走ったらアクセルオンです。
次の右の大きなカーブは入り口で少しブレーキを踏んだら、ハンドルは右に目いっぱいきって、アクセルのみで回るように心がけましょう。速度が出ていなければインによってくるのでアクセルオン、ふくらみ始めたら、アクセルを離すといった具合です。
続いて連続カーブですが、最初ブレーキを遅めに踏んで離すと同時にアクセルオンしてインを走っていきましょう。右にカーブしていますが、出口付近で急になっているので、ブレーキを踏みましょう。
次に左へのカーブですが、理想ラインのブレーキ区間より遅めで大丈夫です。
最後は右へのおっきなカーブですが、さきほど同様、アクセル調整だけで曲がりましょう。ただし、ホームストレート前だけ少し急になっているので、最後だけブレーキを少し踏んで、ブレーキ区間が少し表示される程度にしましょう。



スーパーライセンス試験:S−3

周数 使用コース 利用車種 目標タイム
ゴールド シルバー ブロンズ
1 シルバーストン ストウサーキット X-BOW R '12
PP555/300PS/790kg
0'57.300 0'58.500 1'04.000

攻略のポイント
最初初期設定でゴールド取得したときは、0'57.171でした。
その後、ドライビングオプションを変更したところ、0'55.510でゴールドとれました。
以下にそれぞれの攻略を書いておきます。

●初期設定での攻略
最初の右左の連続カーブでは、ブレーキを踏んで直線的に走りましょう。2つ目のパイロン手前でアクセル踏めるように。
次の左急角度のカーブではしっかり減速してインべたをなめらかに曲がれるように。タイヤがキュルキュル鳴った場合、スピードが出すぎです。
長い直線後の左カーブですが、しっかり減速して同じくタイヤがならないように。カーブ真ん中付近でアクセルオンしましょう。
同様に右左右と曲がりましょう。滑らかなラインで曲がれない場合は、スピードですぎです。
最終カーブは、しっかり減速し、インべたを走れるように。




●ドライビングオプション変更後
すごく攻略が楽になります。というのもカーブでハンドルを切りすぎても速度が落ちにくいようにしたためです。初期設定でゴールド取れない人はぜひお試しを。
また、攻略するときのポイントですが、しっかり減速した後、立ち上がりでアクセルを連打することで、たちあがりの速度を上げられカーブを高速に曲がれます。
以下ドライビングオプションの設定です。
 ・アクティブステアリング 強い
 ・トラクションコントロール 1
 ・スタビリティ・マネジメント ON
 ・ABS 1
 ・バッド操舵スピード -2



スーパーライセンス試験:S−4

周数 使用コース 利用車種 目標タイム
ゴールド シルバー ブロンズ
1 ブランズハッチ GPサーキット アヴェンタドール LP 700-4 '11
PP583/700PS/1575kg
1'34.500 1'36.000 1'39.000

攻略のポイント
1'34.100でゴールドとれました。

スピンしやすい車だったのでドライビングオプションを以下のように設定しました。

 ・アクティブステアリング 弱い
 ・トラクションコントロール 2
 ・スタビリティ・マネジメント OFF
 ・ABS 3
 ・バッド操舵スピード 0

基本的な攻略のコツとしては、しっかりブレーキを踏んでカーブに侵入し、カーブ半分すぎたらアクセル全開で走るとタイムが伸びました。
また、ブレーキを踏む位置は、コースの左右にある立て札で覚えました。

それでは、カーブごとの攻略をしていきます。
まず最初右カーブでは、アウト側によってからブレーキ後、インに入ります。アクセルをオンしながらコースアウトしないように調整します。
次の180°右カーブでは、アーチ手前の木の影あたりからブレーキを踏み、カーブ半分くらいからアクセル調整してアウト側に膨らみながらスピードを増していきます。
次の左カーブでは、アウト側から理想ラインのブレーキ区間より少し遅めで区間終わりまでブレーキします。インを通ったら、アウト側の縁石に乗り上げながらタイヤがならない様に車体をまっすぐにしましょう。
次の左に大きなカーブでは、理想ラインのブレーキ開始位置よりだいぶ遅くていいです。右に看板がある手前くらいからブレーキします。
次に直線のあと右へのカーブですが、理想ラインのブレーキ区間開始の少し先左手に看板が立っているので、この位置から区間終わりまでブレーキしましょう。インを通過し、最も近いインを通ったらアクセルです。
次の右カーブも同様で、左手看板あたりでブレーキ開始し、区間終わりまでブレーキします。
次の右カーブは理想ラインブレーキ区間の開始位置を少し遅らせて開始し、しっかり減速してからインを通過しましょう。
次の左カーブでは、理想ラインのブレーキ区間より少し遅らせてブレーキ開始し、インを通過したらアクセルオンです。
最後のカーブでは、理想ラインのブレーキ区間開始位置より後に左側に看板があるので、ここを目印にブレーキします。区間終了までブレーキした後、アクセル調整しながらインを走りましょう。



スーパーライセンス試験:S−5

周数 使用コース 利用車種 目標タイム
ゴールド シルバー ブロンズ
1 アスカリ フルトラック ヴェイロン 16.4 '09
PP639/1001PS/1888kg
2'14.000 2'16.000 2'20.000

攻略のポイント
2'13.181でゴールド取れました。

曲がり難い車だったので、初期値から以下のように設定変更しました。

 ・トラクションコントロール 3
 ・バッド操舵スピード 3

コツとしては、スピードをしっかり落としてカーブのインを走り、カーブ半分すぎたらアクセルオンです。減速をしっかりしないとインを走れませんし、コースアウトしてしまいます。
馬力があるので、多少速度が落ちてもすぐにスピードを取り戻せます。






▲PageTop > GT6 攻略簿 マップ付