グランツーリスモ6(GT6)のキャリアモード 国内Aクラス
MRチャレンジについて攻略

> GT6 攻略簿 マップ付



このページでは、グランツーリスモ6(GT6)のキャリアモード 国内Aクラス MRチャレンジについてゴールドを取得するための攻略方法を掲載しています。

■ GT6 キャリアモード 国内Aクラス MRチャレンジ

レース1

周数 利用コース 出場ルール 獲得Cr 獲得スター
PP タイヤ 吸気形式 ゴールド シルバー ブロンズ 1位 3位 完走
3 マドリード市街地コース・ミニ 500以下 スポーツ・ハード以下 MR 1,275,000 829,000 638,000 ★★★ ★★

主なライバル車
ホンダ NSX Type R '02
ロータス エスプリ スポーツ 350 '00
フェラーリ 512 BB '76

攻略のポイント
10台でのレースです。
管理人は、NSX '91で参戦しました。481PS/384PS/1365kgです。タイヤはスポーツ・ハードを装備し、チューニングはしていません。

カーブが3つしかないため、差がつきにくいです。
上記のスペックだと結構ぎりぎりです。最後はインから強引に抜こうとして体当たりしちゃってます。
最初のカーブは理想ラインのブレーキ区間よりやや過ぎてからでいいでしょう。
2つ目の左カーブは、スピードが乗っている上、敵車が邪魔ですので、スピードを落としつつ、曲がりましょう。
最終コーナーは理想ラインのブレーキ通りでいいしょう。

3周目だとなぜか敵車が遅くなってきます。



レース2

周数 利用コース 出場ルール 獲得Cr 獲得スター
PP タイヤ 吸気形式 ゴールド シルバー ブロンズ 1位 3位 完走
3 トライアルマウンテン・サーキット 500以下 スポーツ・ハード以下 MR 1,320,000 858,000 660,000 ★★★ ★★

主なライバル車
ホンダ NSX Type R '02
ロータス エスプリ スポーツ 350 '00
フェラーリ 512 BB '76

攻略のポイント
10台でのレースです。
管理人は、NSX '91で参戦しました。481PS/384PS/1365kgです。タイヤはスポーツ・ハードを装備し、チューニングはしていません。

上記スペックだと敵車より性能は上です。よって無難に走れば勝てますが、後輪駆動のため、曲げすぎた状態でアクセルをオンにするとリアタイヤがグリップしなくなりスピンします。
これを防ぐには以下を注意してみてください。
・カーブしているときはアクセルをあまり踏まない。
・ハンドル操作はゆっくり。
・ラインは直線的に。



レース3

周数 利用コース 出場ルール 獲得Cr 獲得スター
PP タイヤ 吸気形式 ゴールド シルバー ブロンズ 1位 3位 完走
3 アプリコットヒル・レースウェイ 500以下 スポーツ・ハード以下 MR 1,323,000 860,000 661,000 ★★★ ★★

主なライバル車
ホンダ NSX Type R '02
ロータス エスプリ スポーツ 350 '00
フェラーリ 512 BB '76

攻略のポイント
10台でのレースです。
管理人は、NSX '91で参戦しました。481PS/384PS/1365kgです。タイヤはスポーツ・ハードを装備し、チューニングはしていません。

上記スペックだと敵車より性能は上です。よって無難に走れば勝てるはずですが、後輪駆動のため、曲げすぎた状態でアクセルをオンにするとリアタイヤがグリップしなくなりスピンします。
すごい苦手です。

これを防ぐには以下を注意してみてください。
・カーブしているときはアクセルをあまり踏まない。
・ハンドル操作はゆっくり。
・ラインは直線的に。





▲PageTop > GT6 攻略簿 マップ付