グランツーリスモ5(GT5) B-spec エクストリームシリーズ
「NASCARシリーズ」を攻略

> GT5 攻略簿 マップ付



このページでは、グランツーリスモ5(GT5)のB-spec エクストリームシリーズ「NASCARシリーズ」について攻略します。

■ 出場ルール

Lv:    21以上
タイヤ:  レーシング・ハード以下
車種:   2010 Denny Hamlin #11 FedEx トヨタ カムリ
      2010 Kyle Busch #18 M&M'S(r) トヨタ カムリ
      2010 Joey Logano #20 The Home Depot トヨタ カムリ
      2010 Tony Stewart #14 Office Depot / Old Spice シボレー インパラ
      2010 Jeff Gordon #24 DuPont シボレー インパラ
      2010 Juan Montoya #42 Target シボレー インパラ
      2010 AJ Allmenginger #43 Best Buy フォード フュージョン
      2010 Jimmie Johnson #48 Lowe's シボレー インパラ
      2010 Brian Vickers #83 Red Bull トヨタ カムリ
      2010 Carl Edwards #99 Alfac フォード フュージョン
      2010 Dale Earnhardt Jr. #88 AMP Energy/National Guard シボレー インパラ

■ 褒美

Championshipを総合でゴールドを取ると、以下がプレゼントされます。
 ・クーガー XR-7 '67

■ 主なライバル車

馬力 重量 車種名
861PS 1565kg 2010 Denny Hamlin #11 FedEx トヨタ カムリ
861PS 1565kg 2010 Kyle Busch #18 M&M'S(r) トヨタ カムリ
861PS 1565kg 2010 Joey Logano #20 The Home Depot トヨタ カムリ
861PS 1565kg 2010 Tony Stewart #14 Office Depot / Old Spice シボレー インパラ
861PS 1565kg 2010 Jeff Gordon #24 DuPont シボレー インパラ
861PS 1565kg 2010 Juan Montoya #42 Target シボレー インパラ
861PS 1565kg 2010 AJ Allmenginger #43 Best Buy フォード フュージョン
861PS 1565kg 2010 Jimmie Johnson #48 Lowe's シボレー インパラ
861PS 1565kg 2010 Brian Vickers #83 Red Bull トヨタ カムリ
861PS 1565kg 2010 Carl Edwards #99 Alfac フォード フュージョン
861PS 1565kg 2010 Dale Earnhardt Jr. #88 AMP Energy/National Guard シボレー インパラ

■ 獲得賞金

各レースで獲得賞金は同じです。
  1位 2位 3位 4位 5位 6位
(ver1.05) Cr.6,520,000 Cr.4,710,000 Cr.4,170,000 Cr3,910,000 Cr.3,800,000 Cr.3,730,000
(ver1.06) Cr.5,260,000 Cr.3,800,000 Cr.3,360,000 Cr.3,160,000 Cr,3,070,000 Cr.3,010,000

■ Championship 総合優勝の賞金

Cr.32.600,000 (ver1.05)

■ コース攻略

スーパースピードウェイ - インディ

コース長 ストレート長 高低差 ラップ数 スタート方式
4023.0m 1006.0m 3.0m 18 2列ローリングスタート

獲得経験値
  1位 2位 3位 4位 5位 6位
(ver1.05) 8342          

攻略のポイント
管理人は、カーディーラーで購入した「2010 Juan Montoya #42 Target シボレー インパラ」で参戦しました。フルチューニングした後、最高速を360kmに設定しました。また、タイヤはレーシングタイヤ:ハードを着用しました。忘れがちですが、馬力を上げるため、エンジンオイル交換は、レース前にしておいてください。交換前後で40PSも違いました。この段階で884PSでした。

ドライバーのテンションを100%に維持していると1/4周ぐらい離すことができます。
テンションを維持して、その差を縮められないようにしましょう。
ピットインの必要はありません。
6.414秒差で1位取れました。



グランバレー・スピードウェイ

コース長 ストレート長 高低差 ラップ数 スタート方式
4944.8m 820.0m 20.5m 8 2列ローリングスタート

獲得経験値
  1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位
(ver1.05) 9035           8602

攻略のポイント
管理人は、カーディーラーで購入した「2010 Juan Montoya #42 Target シボレー インパラ」で参戦しました。フルチューニングしています。レーシング・ハードを装着して、905PS、1565kg。最高速を360kmに設定。

作戦としては、5周目まではタイヤの消耗を抑えながら走ります。5周目まで最終コーナーから第1コーナーまでテンションを上げる指示を出し、それ以外は、テンションを下げる指示を出しましょう。テンションを下げて走っても8位を保てるでしょう。
6周目あたりからほかの車のタイヤのグリップが悪くなり、簡単に抜くことができます。敵の車の後ろに近づいてきたら、オーバーテイクの指示を出して順位を上げていきましょう。なるべくテンションは下げて走ること。6周目終わりで4位、7周目終わりで2位を目指し、8周目で1位になりましょう。1位になっても無理に2位と離そうとせずに、なるべくテンションを低く保ちながら走りましょう。テンションが100%に近いとスピンしがちだからです。管理人はこれで2位と約3.6秒差で1位とれました。



ハイスピードリンク

コース長 ストレート長 高低差 ラップ数 スタート方式
4000.0m 900.0m 8.5m 14 2列ローリングスタート

獲得経験値
  1位 2位 3位 4位 5位 6位
(ver1.05) 8463          

攻略のポイント
管理人は、カーディーラーで購入した「2010 Juan Montoya #42 Target シボレー インパラ」で参戦しました。フルチューニングしています。最高速を320kmに変更しました。

あとはテンションを100%に保ったまま走り続ければ勝てるでしょう。



ナグナセカ・レースウェイ

コース長 ストレート長 高低差 ラップ数 スタート方式
3602.0m 265.0m 55.0m 10 2列ローリングスタート

獲得経験値
  1位 2位 3位 4位 5位 6位
(ver1.05) 8682          

攻略のポイント
管理人は、カーディーラーで購入した「2010 Juan Montoya #42 Target シボレー インパラ」で参戦しました。フルチューニングしています。最高速を300kmに変更しました。

テンションを100%に保ったまま走り続ければ勝てるでしょう。



スーパースピードウェイ - デイトナ

コース長 ストレート長 高低差 ラップ数 スタート方式
4023.0m 914.0m 0.0m 20 2列ローリングスタート

獲得経験値
  1位 2位 3位 4位 5位 6位
(ver1.06) 26628          

攻略のポイント
管理人は、カーディーラーで購入した「2010 Juan Montoya #42 Target シボレー インパラ」で参戦しました。チューニングパーツショップに行きフルチューニングしています。

【1回目】
905PS、1565kg、PP637、レーシング・ハード、最高速を400kmに変更して挑みました。
結果、1位取れません。このレースはA-specでも苦労しましたが、B-specだと違う苦労があります。
デイトナではドラフティングでスピードを出さないといけないのですが、B-specでは、ドラフティングの指示が出せないので、なかなか速度を上げることができません。
セッティングや戦略を変えてみるしかなさそうです。試行錯誤中。

【2回目】
1回目から数ヶ月が経っていました。いろいろな方からメールでアドバイスを頂いたので、それを参考に以下のようにセッティングを変えて挑んだところ、6.635秒差で1位とれました。
前回と主に違うのは、上記以外の設定をすべて初期値にした後、サスペンションのスプリングレートのリア、フロントともにスプリングレートを最大の20kgf/mmに変更しました。
また、前回の同じで、905PS、1565kg、PP637、レーシング・ハード、最高速400kmの設定です。




▲PageTop > GT5 攻略簿 マップ付