このページでは発売前情報をまとめていきます。

基本情報

ソフト名DARK SOULS II(ダークソウル2)
発売日2014年3月。
2012年12月現在で25%程度開発が進んでいるらしい。2013年発売は厳しいらしい(EDGE情報)
価格未定
ジャンルアクションRPG
CERO未定
プレイ人数未定
プラットフォーム国内、海外ともにPS3、XBOX360、PC
開発フロムソフトウェア
ダークソウル2から新しい開発チームのようです。デモンズソウル、ダークソウルと同じ開発チーム
発売国内:フロムソフトウェア
海外:バンダイナムコゲームス
スーパーバイザー宮崎 英高氏
デモンズソウル、ダークソウルのディレクター
ディレクター渋谷知広氏と谷村唯氏。前者は、Another Century's EpisodeやAnother Century's Episode 3 The finalのプロデューサーで後者はディレクター。谷村氏はアーマードコア2の開発にも携わる。
リードプログラマーデモンズソウル、ダークソウルとは違う開発チームとのこと。
リードアーティストデモンズソウル、ダークソウルとは違う開発チームとのこと。

管理人のメモ

  • 2012/12/10
    • アメリカで開催されたVideo Game Awards 2012(2012年12月10日)でダークソウル2が発表されました。同時にトレーラーが公開されました。
  • トレーラーは非常にリアルです。ただしゲームのプレイシーンではありません。
    リアルタイムに計算しているわけでなく、時間をかけて綺麗に計算した映像です。
    それでも綺麗なので見ていると待ち遠しくなりますね。
  • ディレクターがデモンズソウル、ダークソウルの宮崎氏から渋谷氏と谷村氏に変更しています。宮崎氏はスーパーバイザー(SV)?だそうです。SVとは監督・管理・監修を担当する人物とのこと(Wikipedia参照)。
  • 渋谷知広氏は、海外ゲーム雑誌「Edge」の記事にて、「私は難解なゲームよりも率直なゲームを好み、ダークソウル2はより判りやすくて素直なゲームになる」とのことです。
  • ダークソウル2では、ネットワーク対戦用にサーバーが用意されるようです。対戦される方には朗報ですね。ダークソウルではP2Pを利用した仕組みだったため、通信に遅れがあり、敵にいきなりスタブを決められたりすることがありました。
  • WiiUでも発売してほしいと署名活動が米国で行われているようです。。。ダークソウルがPC版で発売されたときも同様に署名運動後に発売された経緯があるので、もしかしたら。。。でもそれで品質を落とすようなことは避けてほしいものです。
  • 描画エンジンはダークソウルやデモンズソウルとは異なるものになるそうです。VGA2012で発表したトレーラーの品質に近いとのこと。だとしたらすごい綺麗になってますね。
  • ディレクターが宮崎氏から変わったの会社の意向らしい。宮崎氏は他のソフトを制作中とのこと。宮崎氏のネームバリューで他の売れ筋ソフトを作ろうとういうことだろうか。もし発売されたらプレイしてみたいから、会社の戦略としてはわからなくはないが。
  • 2013/4/11
  • IGNという海外サイトでプレイ動画やインタビュー動画(英語)が公開されました。
  • 没入感を高めるため、レンダリングエンジンは作り直し、リアルさを向上させているとのこと。光源の位置によって影がリアルタイムに変化していました。
  • これまでとは違う仕掛けや死に方が用意されているようです。動画を見ていると強敵に囲まれたときの絶望感は健在です(^.^;
  • 回復アイテムを使うとゆっくりHPがゆっくり回復していました。
  • 魔法は回数制っぽい。
  • 十字キーのコマンドを選ばないまま一定時間が経過するとメニューが半透明になる。
  • ジェスチャーのエイエイオーをやったあと敵が体あたりをしてきていました。
  • つり橋が切れて落下死していました。
  • たいまつに火をつけて照明代わりにつかえる。
  • 大斧を投げてくる敵がおり、その大斧に投げてきたタイミングに合わせて攻撃すると、跳ね返すことができます。
  • 2013/8/22
  • シールドコンテストが4/12-5/14開催されておりましたが、その結果が出ました。
  • 正統派から少し怖い感じのシールドまでさまざまです。
  • ぜひ確認してみてください。
  • 2013/9/5
  • 発売に先立ち、ネットワーク負荷、ゲームバランス、多人数プレイの検証するため、ネットワークを実施するようです。
  • エントリー期間は、9/5〜10/30。
  • エントリー者の中から抽選で選ばれた人のみ通知がくるようです。
  • 抽選結果の通知は全3回あるので、1回目が落ちてもそれ以降チャンスはあります。
  • 2013/9/19
  • 発売日が2014年3月13日に決定!!!うれしいですね〜。PC版は2014年3月しか決まっていないようです。
  • 以下3つのタイプで販売されるようです。もちろんコレクターズエディジョンを大人買いします。
  • 2013/9/19
  • 国内外のメディア向けに試遊会が実施された。
  • 近作は、コメントを残すのにアイテムは必要なし。システムから行える。標準機能。
  • P2Pからサーバーへの移行によって、幻影や血痕がより表示されやすくなる!うれしいですね〜。
  • 亡者のメリットが減ったようです。デモンズソウルとダークソウルでは、亡者であれば侵入されませんでしたが、近作では亡者でも侵入されてしまうようです。
  • さらに亡者だとHPが減り、亡者状態で死ぬとさらに最大HPが減る。最高で最大HPの1/2になる。髪も抜けるらしい。
  • 亡者のメリットがなくなったので、生者で居たほうが良さそうです。今の所。
  • 召喚は死ぬまでではなく、時間制になるらしい。
  • 誓約は、「青教」「血の同胞」ある。
  • 青教は、侵入されたら、青の守護者が自動的に味方が召喚される。
  • サーバーは、プラットフォームごとです。PS3ユーザ同士なら全世界のどこでも侵入できる可能性があります。
  • 2013/10/30
  • 店舗別オリジナル購入特典を公開しました。以下その一覧です。
  • ※店舗別オリジナル特典アイテムは、別途有料にて配信を予定しているとこのこと。全部の店で買わないとダメかとおもってしまった。。。あぶない。
    • その後、店舗別オリジナル特典はなくなったようです。
  • ゲオ
    • 黒炎石のダガー:黒い結晶が付着した短剣。クズ底の奥にある黒渓谷でみつかったもの。通常の短剣よりも重いが、鋭利な結晶は並みの刃物以上の切れ味を持つ。クズ底に捨てられた者の中には、地上への道を求め這い出した者もいた。だが誰1人戻ってきた者はおらず、怨嗟の中で果てたという。
    • 黒炎石の円盾:黒い鉱石が付着した小盾。クズ底の奥にある黒渓谷で見つかったもの。通常の小盾よりも重いが、硬い結晶は斬撃への耐性が高い。
  • ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、古本市場
    • 黄結晶のロングソード:黄色い結晶が付着した直剣。熔鉄城の底でみつかったもの。腐食のため壊れやすいが、軽く、威力にも劣えはない。古い王は自らの権威を示すべく、鉄の城を築きあげ、多くの武具を集めた。その栄華は自身の傲慢さ故に。
    • 黄結晶の盾:黄色い結晶が付着した小盾。熔鉄城の底でみつかったもの。腐食のため壊れやすいが、軽く、受け能力にも劣えはない。
  • GAME TSUTAYA、ヤマダ電機、ベスト電器
    • 縛られたハンドアックス:異様な風体の斧。不死刑場でみつかったもの。巻きつけられた鎖とトゲは出血をもたらすが、斬撃の効果をむしろ奪っている。武器としての性格を消し去る過剰な加工は、単に対象を倒すためのものではなく、苦痛を与えることのみを目的にしたものだろう。特殊効果:出血
    • 縛られたウッドシールド:異様な風体の盾。不死刑場でみつかったもの。巻きつけられた鎖とトゲは出血をもたらすが、盾としての機能をむしろ奪っている。特殊効果:出血
  • ヨドバシカメラ
    • 小人のメイス:球状の突起物がついた杖。アン・ディールの館でみつかったもの。通常よりもひとまわり以上重いが、硬い突起によって打撃の威力は増している。ドラングレイグの東の外れには、誰からも忘れられた、謎めいた館がある。そこには忘れられるべき何かが、いまも蠢いている。
    • 小人の木盾:球状の突起物がついた盾。アン・ディールの館でみつかったもの。通常よりもひとまわり以上重いが、硬い突起によって受け能力は増している。
  • Amazon.co.jp
    • 咎人の杖:艶のない黒い何かが絡みついた杖。古き闇の穴でみつかったもの。魔術や闇術の触媒となる。ドラングレイグの各所には暗い穴がある。その穴の奥に何があるのか、それを知っている者は、今はまだ誰もいない。特殊効果:闇
    • 咎人のレザーシールド:艶のない黒い何かが絡みついた盾。古き闇の穴でみつかったもの。特殊効果:闇
  • 2013/11/14
    • オンラインの機能について
      • 前作とほぼ同じですが、改めてオンラインの機能を確認してみます。
  • 幻影
    • オンライン上にいるほかの人のキャラが半透明に見えます。
  • メッセージ
    • メッセージを地面に残すと、オンライン上のほかのキャラが読むことができます。本当のことであったりうその場合もあります。「この先宝あり」と書いてあって、何度崖に飛び込んだことか(^.^;;;いい思い出です。
  • 血痕リプレイ
    • 地面の血痕を調べると、オンライン上のほかのキャラが死んだキャラの行動を見ることができます。血痕リプレイがある場所は、罠があったり、強い敵がいることが多いです。
  • 召喚プレイ
    • 地面の召喚サインに触れるとオンライン上のほかのキャラを召喚でき、一緒に攻略できます。ただし、ボスを倒していないエリアでのみです。
  • 侵入プレイ
    • オンライン上のほかの人の世界に敵として侵入し、対戦できます。
  • 2013/12/5
    • 誓約は近作も存在します。誓約とは、攻略の手助けとなったり、他の人の世界に侵入したりできるようなシステムです。以下のような誓約が存在するようです。
  • 血の同胞
    • 闇霊として敵対状態で他のキャラの世界に侵入し、そこのキャラを倒すことを目的としています。
  • 青教
    • 闇霊が入ってきったときに青の守護者が自動的に召喚され、ホストを守ってくれます。要するに青の守護者に助けてもらう人。
  • 青の守護者
    • 闇霊が入ってきた青教の誓約を結ぶキャラがいた場合、ホストを守る使命をもって自動的に召喚されます。要するに青教を助ける人。
  • 太陽の後継
    • 召喚されるとホストと一緒にボスの討伐を目指したり、闇霊と戦ったりする。召喚サインは遠くまで見えやすいため、召喚されやすくなる。
  • 鎮守(かねもり)
    • 鐘を守る誓約。鐘を鳴らしに侵入してきた敵を倒すことが目的である。
  • 2014/1/8
    • ダークソウルカフェオープン in 六本木にオープン
    • エスト瓶やソウルの槍、火竜石の欠片、王の器などダークソウルに関した食事や飲み物がたくさんあります。
    • 少しお高めですが、一定金額以上食べると返りにアイテムじゃなく、景品がもらえます。
  • 2014/1/16
  • 新たな登場人物が出るようです。
  • 緑衣の巡礼
    • 篝火のそばにいる緑色の衣をまとった女性。レベルアップなどをしてくれる。
  • 防具屋マフミュラン
    • 防具を売ってくれる。
  • 3人の老婆たち
  • 家政婦ミリベス
  • 行商メレンティラ
  • 鍛冶屋レニガッツ
  • ミラのルカティエル
  • 青の騎士ガラインドーク
  • 2014/2/6
  • 今作もキャラクター作成機能があるようです。
  • 以下の4項目を設定し、キャラを作成するようです。
  • 素性・おくりもの
    • 素性:戦士・騎士・剣士・野盗・聖職者・魔術師・探求者・もたざるもの
    • おくりもの:なし・生命の指輪・人の像・治癒の品々・帰還の骨片・巨人の木の実の種・篝火の探求者・何かの化石
    • 体型や体質を選択します。
    • 出身・髪・眉・目・口・鼻・髭(男性のみ)など。今作はタトゥーを入れられる。
  • 詳細設定
    • すべての項目についてさらに細かく設定できる。
  • レベルアップの項目は以下9つあり、それぞれ関連するパラメータ上昇します。
    • 生命力:HP
    • 持久力:スタミナ
    • 体力:
    • 記憶力:スロット数
    • 筋力:攻撃 筋力
    • 技量:攻撃 技量
    • 適応力:
    • 理力:魔法
    • 信仰:
  • オンラインユーザの行動をWebで公開するようです。面白そう。
    • 死亡回数(果ての篝火があり、死亡回数に応じて墓標に刺さる剣の数が増える)
    • 死亡原因
    • 人気の武器
    • 人気の防具

情報サイト


Comments

最新の10件を表示しています。

  • テスト投稿 -- 管理人 2012-12-31 (月) 15:43:08
  • テスト2 -- 管理人 2012-12-31 (月) 18:16:56
  • テスト投稿 -- 管理人 2013-01-02 (水) 12:41:31
お名前:


Last-modified: 2014-09-26 (金) 22:45:56 (0m)


新鬼武者 攻略簿
鬼武者 3攻略簿
聖剣伝説4 攻略簿
聖剣伝説HOM 攻略簿
クロノ・トリガー 攻略簿
Demon's Souls攻略簿
Dark Souls Walkthrough with Maps Wiki
Dark Souls 攻略簿 マップ付 Wiki
GT5 攻略簿
GT6 攻略簿
Pink Ginger
Blue Ginger
Dragon's Dogma 攻略簿
ドラゴンクエスト8 攻略簿
ドラゴンクエスト9 攻略簿
FF7攻略簿
FF7 インターナショナル攻略簿
FF10 攻略簿
FF12 攻略簿
FF12RW 攻略簿
FF13 攻略簿